OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Ayaka YOSHINO

吉野 彩加

24歳
写真制作関係
埼玉県出身
レズビアン

#006 2015年12月撮影

正直なところ、今までの人生で自分のカミングアウトについて考えたりすることはあまりありませんでした。

私にとっては小さい頃から、女性を好きになることはいたって普通のことであり、

それをあらためて家族や友人に説明するということがよくわからなかったんです。

例えて言うならば、ノンケの人が、

「自分は女だから男を好きなるの!こんな私だけどこれからも仲良くしてくれる?」

と言っているようなもので、

そういうことをあらためて言うのが、なんだか照れくさいと思っていました。
大学を出てから写真の勉強をするために専門学校に入り、自分というものを表現する為にセルフヌードを撮ったことがキッカケで、

大勢の人に自然にカミングアウトすることができ、それからはすごく生きることが楽しくなりました。

私は自分を表現するために、「裸になる」という方法でカミングアウトをしましたが、

後悔は1ミリもしていません。
選択肢は無限にあります。
自分に1番ぴったりの、カミングアウトの方法を、

皆さんも見つけられますように。
最後に

私に居場所を見つけさせてくれた、写真学校の先生、友人達

なかなか本当のことを言わない私を、何も言わずいつも見守ってくれる家族

生きることの楽しさと愛することを教えてくれた、大切なパートナー

あなた達のおかげで、今私は自分らしく生きています。

本当にありがとう。