OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

DAIYU TSURUI

釣井 大裕

43歳
会社員
岡山県出身
FTM

#016 2018年10月撮影

人生一度きり。

過去の自分は「理解してくれる人なんて一人もいない、一生隠して生きていくしかない」と思っていた。

でも今は、自分の殻を破り、自分のセクシャリティをオープンにし、堂々と生きていきたい。

背中を押してくれた家族にも、感謝しかない。

「もっと自分に自信を持ち、堂々と生きて行きなさい」これは他界した父からの言葉です。

私がカミングアウトした時も、どんな時でも、家族はなんの躊躇もなく、ありのままの私を受け入れてくれた。

今の世の中、様々なセクシャリティが認知されるようになりましたが、自分のセクシャリティを正直に言える場所は限られているかもしれない。

でも、そんな中、このOut In Japanのプロジェクトを知り、自分の居場所がここにもあるんだ!と思い、
私も写真を通し「私」という人間がここにもいるんだ、という証を残したいと思った。

私が思う一番の事は、セクシャリティに固執せず、自分らしく生きる事。それが大切なんだと思う。