OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

ERI INOUE

井上 恵里

27歳
会社員
神奈川県出身
レズビアン

#011 2017年10月撮影

私にとって女性を好きになることは自然なことでした。

違和感は感じなかったし、一人ひとり性格や容姿が違うのと同じで、

これも一つの個性だなとポジティブに捉えていました。

 

ただ、カミングアウトするに至るまでは時間がかかった。

大切な家族や友人にはありのままの自分で接したかったけれど、

大切に思えば思うほどカミングアウトによって、

彼らを失ってしまうのではないかと恐怖を感じていました。

 

悪いことをしたわけではないのに、

なぜかバレてはいけない隠し事を背負っているような感覚でいるのが本当に辛かったのを覚えています。

 

自らの価値観に反した行動を取り続けている毎日に強いストレスを感じていた高校時代。

このまま私は知らないだれかを装って生きていくのかな?

そう考えると何のために生まれてきたのか分からなくなり、何度も何度も涙を流しました。

 

ここで変わらなきゃ。

そう決意し、勇気を振り絞って高校2年生の時に初めて母にカミングアウトしました。

 

母は驚いていたけど、

「自分らしく生きていく」ことを応援してくれました。

 

このカミングアウトをきっかけに、

真摯に向き合ってくれる家族や友人に背を向けずに生きていこう。

自分を受け入れて、自分の人生を全うしようと思えるようになりました。

 

私のカミングアウトをきっかけにに逆カミングアウトをしてくれる友人も多かった。

もっと彼らの支えになりたいし、違いを受け入れていきたい、

カミングアウトをしたことによって学びも多かったと感じます。

 

全ての人にオープンにしている訳ではないし、

時に批判的な言葉をかけられることもあるけれど、

私はカミングアウトをして良かった。

 

カミングアウトをするしないは自由だし、

タイミングも一人一人違うと思うけど、

もし少しでもしたいと感じるなら、

私は応援します!