OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

ERI TAKESHITA

竹下 永梨

27歳
学生
鹿児島県出身
レズビアン

#009 2016年4月撮影

『カミングアウト』

中学生まではその言葉を聞くことも、知る機会もなく意識したこともありませんでした。

女性の私が、女性を好きになる

その行為に不自然さを感じなかったからです。
ですが、高校生になり周囲の友人に恋人が出来始めてから自分の周りとの違いに気付き始めたのです。
苦悩、をしたことはないけれど、多少の息苦しさは感じておりました。

そして今『カミングアウト』をするに至ったのはシンプルに自分が自分らしく生きていくにはどうしたら良いのかを考えた時に自然に出てきた答えでした。

必ずしも『カミングアウト』が良い結果を生み出せるのかは正直分かりません。

でも私は今まで自分が自分自身についていた嘘を昇華することで、今は以前モノクロだった日々に色がつき始めました。

今の私を包み込んでくれる全ての方にありがとうという感謝を。