OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

FUMIAKI TAKAHASHI

高橋 史明

38歳
会社員
東京都出身
ゲイ

#009 2016年4月撮影

大学生の時、不安な気持ちのまま
初めてカミングアウトした友達から、
「ゲイだからって何も変わらないでしょ?フミはフミだよ」この言葉に
とても勇気をもらいました。
今、振り返るとそれが、
自分らしく生きるための第一歩だったなと思います。

現在、仲のいい友達にはカミングアウトしていて、
ストレートの友達とゲイ友達が一緒になって遊んだり、
パートナーが出来た時には紹介したり、
カミングアウトする前には想像も出来なかったような関係を
たくさんの友達と築けています。
そして、自分らしくいられることの幸せを実感しています。

ただ、まだ、家族や親戚にはカミングアウトしていません。
カミングアウトを受ける人の環境はそれぞれ違うし、
そのやり方もそれぞれ違って当たり前で、
カミングアウトをしないという選択肢があってもいいと思います。
自分の息子がゲイだなんて想像できない世代の母親に
「結婚しなくても幸せで、笑顔で過ごせてるよ」って
伝えることが出来たら、今はそれでいいかなと。

一歩を踏み出すタイミングは人それぞれでいい。
カミングアウトすることが重要ではなく、
みんなが多様性を認め受け入れることが
大切だと思う。
今日が明日が、自分らしく、
笑顔で過ごすこと、
すべてのLGBTが自分らしく生きること、
恋人や友人と楽しく暮らせる世界、
人として普通なことが
僕らの日常になりますように。