OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Hiroko Masuhara

増原 裕子 (右)

37歳
会社経営
千葉県出身
レズビアン

#001 2015年3月撮影

セクシュアリティを隠しての友だちづきあいは、青春時代の私にとって大きな苦痛でした。

「大切な友だちにもうこれ以上嘘をつきたくない。本当の自分を知ってほしい」

そんな切実な思いから、ようやく大学を卒業する頃になってカミングアウトをするようになりました。

最初の頃は震えながら、泣きながらのカミングアウト。嫌われたらどうしようとか、関係が変わってしまったらどうしようとか、不安に押しつぶされそうでしたが、

「早く話してくれればよかったのに。1人で悩んでつらかったね」

と受けとめてくれる人たちが周りに1人ずつ増えていきました。私を丸ごと受けいれてくれた多くの人たちのおかげで、今の私があります。

もしあなたが家族や友人、職場の同僚などへのカミングアウトに悩んでいるとしたら。「大丈夫。あなたはひとりじゃない」って伝えたい。あなたの勇気を応援しています。

Koyuki Higashi

東 小雪 (左)

30歳
LGBTアクティビスト
石川県出身
レズビアン

#001 2015年3月撮影

宝塚歌劇団100年の歴史の中で、カミングアウトしているレズビアンは私ひとり。今後、このOUT IN JAPANプロジェクトから、カミングアウトするタカラヅカスターが輩出するのでは?と期待しています!

海外ではすでに数多くのスターがカミングアウトして、LGBTの人たちに勇気を与えています。日本でも、LGBTの人たちが誇りを持って生きられるようになってほしいと願っています。