OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Hiroyuki Kawamoto

川本 裕之

27歳
書道家
兵庫県出身
バイセクシュアル

#003 2015年10月撮影

私はカミングアウトをちゃんとしていません。

この文章を見た知人はきっと驚くことだと思います。

私はバイセクシャルなので「ゲイですか?」の質問には“No.”です。

「ノンケですか?」と聞かれれば“No.”と言うべきですが、なかなかそんな機会は今のところありません。

両性愛者なので恋愛話でも、周りに合わせられる状況です。

今回この企画に参加したいと思ったのは、同性愛に悩んでいる人への手助けだったり、暗く絶望を感じている人がもし居るのなら、悩んでいるのは一人じゃない。ってことを伝えたいです。

一人で生きていくのではなく、理解ある仲間を探してもっと楽しく生きて欲しいと願います。

日本がもっとLGBTの理解ある国に変わっていく為の活動に参加したいと昔から思っていたので、覚悟を決め参加しました。

カミングアウトは、無理にしなくてもいいと思います。

自分のことを深く知ろうしてくれる人は人生の出会う中で数人であると思うし、理解ある、理解してくれそうな、大切な人にだけ話すだけでいいと思います。

自分が覚悟を決めて友人にカミングアウトした時は「同性に恋愛するって理解できなかったけど、お前そうなんだ、結構身近に居るもんなんだね。どーなの?恋愛は?笑」って案外すんなりと笑って受け入れてくれました。

同性愛に対して嫌悪感がある友人や知人が居たとしても、気が合う、何でも話せる友人や知人には、同性愛のあなたを受け入れてくれると思います。

同性愛の愛の形

異性愛と同性愛、恋愛感情自体に違いはなく、全く同じものだと思います。

日本がもっとLGBTが暮らしやすい世の中になりますように。

Love & Peace

J.Hiroyuki

Twitter@hiroyuki37j