OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

KAITO OHNO

大野 海斗 (左)

28歳
整体師 / セラピスト / ヒーラー / カウンセラー
茨城県出身
FTM

#009 2016年4月撮影

僕の初めてのカミングアウトは高校の友人でした。

自分では必死でFTMであることを隠しているつもりだったけど、バレバレだったらしい(笑)

その後もカミングアウトしてきたけど、驚かれたことがない。

必ず「やっぱりね!」と言われる。

「マイノリティー」の僕としてではなく、変わらず「僕」と付き合ってくれるありがたさ。

意外と世間って温かいんだ。

FTMであることをひけらかす必要もないけど、押し殺したり隠す必要もないということを知った。

カミングアウトは未だに怖さを感じるのも確かです。

でも今は社会的にもマイノリティーが認知されるようになってきて、カミングアウトが前よりもずっと楽になったと思います。

信頼できる人だけでもいい。

「僕」を見てくれる人は、人として僕のキャラクターや個性を愛してくれる。

僕の彼女もそんな一人です。

「マイノリティー」だったから愛したわけじゃない。マイノリティーだったことを含めて、今の「僕」すべてを愛してくれる。

カミングアウトをする経験を経て、「僕」を愛してくれる人がたくさんできた。そのおかげでどんどん男性らしさが増していった。

力んで男性らしくしていた以前とは真逆に。

どんどん力を抜いて自然体になっていくほど、「カッコイイ」と言われるようになっていった。

意外と世間って温かいんだと、どんどん力を抜いていけたら本当のその人らしさが輝くと思います。

まずは信頼できる人だけでもいい。

自分らしさを輝かせて欲しいです。

そしてあなたを好きな人がたくさん増えますように。

このような「場」を頂き、ありがとうございます。

IZUMI HIRANO

平野 いずみ (右)

41歳
フラワーアーティスト / セラピスト / ヒーラー
東京都出身
パンセクシュアル

#009 2016年4月撮影

わたしは子供をもつ母だから、うまれてきてくれた喜びを知ってるけど、

息子じゃない海斗がうまれてきてくれたことが

こんなに嬉しいとは思わなかった。

 

だから、自分としてうまれてきたことに

ありのまま生きていることは

生きてるだけで

誰かを喜ばせているんじゃないかな。

 

ありのまま生きることがこんなに楽しいって

教えてくれてありがとう♡海斗さん