OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Keita Takada

高田 景太

38歳
雑誌編集者
福岡県出身
ゲイ

#001 2015年3月撮影

私のカミングアウトストーリーは、高校を卒業したばかりの21歳のときです。好きだった同級生に電話で想いを伝えました。可もなく不可もなくなんとなく受け入れてくれたのを覚えています。(笑)しかしその後、他の友人から連絡が入り、「学校中みんなが知っているよ」と衝撃のニュース。思いを伝えた彼が誰かに話し、それが広まったのです。意を決して伝えたつもりだったのに、とショックでしばらく落ち込みました。それが私の最初のカミングアウトストーリーでした。

しかししばらく時間が経って、その一連の事件をたまに思い返します。言いふらされた被害者だと思い込んでいましたが、もしかしたら告白をされた本人はどう受け止めていいのかわからず、誰かに相談したのかも知れません。

「誰が誰に何を言ったのか」ばかり気にし、犯人探しに躍起になっていた自分でしたが、やはり受取り手にもタイミングと心の準備が必要だったのかもしれない、と今では思えるようになりました。

これからカミングアウトするあなたへ。カミングアウトは、告白をすれば終わりではなく、そこからがスタートです。これから一緒に関係を再構築するわけですから。相手がびっくりしても、ひっくり返っても、逆ギレしても、驚かない。小動物のように優しく接してあげてください(笑)。Have a Happy Come-Out!