OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Kentaro Takahashi

高橋 研太郎

21歳
大学生
栃木県
ゲイ

#004 2015年11月撮影

昔から「女の子みたいな人」として、いじられもしたけども、結局は周りの人から受け入れられ、可愛がってもらっていたじぶんにとっても、カミングアウトは、やっぱり少しばかりの不安を伴うものです。でも、した後にはいつだって、カミングアウトした相手の笑顔を見ることができているような気がします。「教えてくれてありがとう」と言ってもらえるたびに、なんでもっとはやく言わなかったんだろうって思ったりもします。

だからこそ、カミングアウトひとつで世界がもっと自分自身に優しくなることもあるということを、もっとたくさんのひとに知ってほしいです。ひとを見る目があるあなたが「自分自身のことを知ってほしい」と少しでも思ったなら、その気持ちに従ってみて欲しい。

じぶんにも、カミングアウトをしていない相手はいます。家族だとか、学校の友達だとか。別にカミングアウトすることが全てではなくて、「この人にはこれを知っていてほしい」っていう区別はあって当然だと思っています。

大切なのは、「知ってほしい人に話すこと」だと思うんです。じぶんは、このプロジェクトに目を通した人に「じぶんはゲイです」と知ってほしい。それがたまたま知り合いだったとしても、良い機会なんじゃないかって考えてます。どうか、知ってもらうことに対して怯えないでください。このプロジェクトを通して、(もしかしたら予想もしてないような)誰かがあなたの良き理解者になってくれたら、じぶんも嬉しいです。