OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

KOHEI NOROTA

野呂田 洸平

27歳
Solutions Architect
神奈川県出身
ゲイ

#015 2018年5月撮影

カミングアウトは自分と他人との間の見えない壁をとりはらう行為に思える。
自分がゲイと伝えることで、その人物に対してより心から打ち解けられる気がする。

友人間ではゲイとしてカミングアウトしていたが、家族には伝えていなかった。
なぜならゲイであることを自覚して以来、恋愛を始め自分の私生活のことなど家族に話したことがなく、特にその必要性も感じていなかった。

そんな折、友人から

「両親にカミングアウトしたことで、恋人と別れた際に父親が気遣ってくれた」

という話を聞いた。その時ふと、

人生の喜怒哀楽を共有し、お互い思いやり合うのが本来の家族のあるべき姿なのではないか

と思った。そして、自分から心を開かない限り、家族との距離もこの先ずっと縮まらないままかもしれないと悲しくなった。

その思いがきっかけで、兄弟を含め家族全員に思い切ってカミングアウトした。

幸運なことに皆驚きを隠せないながらも暖かく受け入れてくた。
今では旅行先で元彼の家に両親と滞在したり、ゲイの親友を実家に招待したりと、家族と距離が縮まり心おけない関係が築けつつある気がする。

カミングアウトは誰にとっての絶対解とは思わないが、もしその心理的な壁を取り払うことで得られるものがあるのなら、大いにやってみる価値があると思う。

Since I have come out as a gay man, I have felt that a part of the wall collapsed between the world and myself. This has led to more open and honest relationships with people whom I have come out to. Coming out to my family members was one of the most important things I did to deepen our emotional ties. By being open with my family, we could better share both the sweet and the bitter of our lives.

A key bottleneck in Japan to the creation of a more open society here is the lack of awareness of LGBT people. While Japan had been tolerant of male homosexuality such as ‘Nanshoku’or ‘Shudo’amongst samurais until Westernisation in the 20th century, ironically some Japanese people today consider homosexuality to be a Western phenomenon, believing that there are no LGBT people in Japan.

To the contrary, Japan having had no law or religion banning homosexuality in its history should have an advantage in respect to the acceptance of LGBT people here. By raising awareness that LGBT people in Japan are friends and family members, more people would realise that LGBT rights is not just an issue for foreigners which does not affect people here. I hope the Out in Japan project will be a driving force to create a more equal society.