OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

MITSUKO ISHIDA

石田 美津子

26歳
看護師
埼玉県出身
FTX

#017 2019年4月撮影

私は、身体的な性別は女性、心は女性の時もあれば男性の時もある。学生時代からこの葛藤に苦しんでいた。そして、自分が何者か分からなくなった時期があった。

この苦しい状況を一番に知って欲しいと思ったのは両親であり、両親に泣きながらカミングアウトをしたところ、母親からは「ありのままに生きて」という言葉を貰い、父親には「泣く事じゃないだろ」という言葉を貰った。

両親にカミングアウトした直後は、驚かせてしまったかもしれないと考えた事もあったが、今では勇気を出してカミングアウトして良かったと思える。

友人にカミングアウトした際には、友人曰く「みつこがカミングアウトしてくれるまでLGBTのことよく分からなかったよ」との事。私は、その時にLGBTに対する偏見を軽減させるためには、まずLGBTを知ってもらう事が大切なのではないのか?と感じた。そこから、私自身を知ってもらうのもそうだが、LGBTを知ってもらうために勇気を出してカミングアウトをしていた。

カミングアウトした結果、反応は様々だったが、理解し受け入れてくれる人は必ずいる。「私は一人じゃない」そう思えた。

私は、看護師として医療とLGBTについて考えており、活動していきたいという夢がある。その第一歩としてOUT IN JAPANに参加した。