OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

ryuya inagawa

稲川 隆也

26歳
会社員
大分県
FTM

#005 2015年11月撮影

カミングアウトをする。

それは『次世代への希望』なんじゃないかなと思います。

偏見者を0にしたい。心から本当に思います。

家族に伝えたとき

母親から『ちゃんと産んであげられなくてごめんね。』

と言われました。

その時、涙が止まらなかったのを今でも覚えています。

姉は『弟も妹も出来た。』

父親はしばらくは話せなかったけど今では

『男ならしっかりしろ!』と怒られるようになりました。

本当に家族に恵まれているんだと実感しました。

だからこそ、自分がこれから何をしたらいいんだろうと考えるようになりました。

最初は1人で生きていくと決め、進学を福岡へ。

FTMとばかり遊ぶ日々。

社会に出るときカミングアウトをし

案外みんなら普通なんだと実感してからは

人との出会いは大切なんだと知らされました。

地元の大分を出て8年が経ち、本当にいろんな方と出会いました。

そこからたくさんの価値観を頂きました。

戸籍が変わってからは夢もなくただ生きていくだけだったのに

ある時に出会った尊敬できる人から

『夢は知識から』

その一言で僕の人生は大きく変わりました。

出来る出来ないなんて関係ない。

子供の頃追いかけた夢や希望をまた持てることが出来ました。

その出会いをきっかけに、

GIDの方々が住みやすい環境を作れる仕事をしたい

昔、悩んでいた自分のような人たちに

夢や希望を与えれる人になりたいと思っています。

カミングアウトするのはとても勇気がいること。

その概念がなくなるようにと思い今回の撮影会に参加しました。

少しでも勇気や希望を与えられたらなと思っています。