OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

serika sato

佐藤 静利香

18歳
学生
東京都出身
レズビアン

#006 2015年12月撮影

“「私、男の人とキスしたりするの、無理かも」

そう感じたのは、小学校6年生の頃。
クラスの女の子は皆、彼氏ができただのキスしちゃっただの、そんな話で持ちきり。
その時、「私だけおかしいの?でも、どうして?男の子相手だと、恋愛という感情は湧いてこない」と既に思っていました。

中学生になり、その気持ちは確信に変わって。
3年生の時、統合失調症の為精神病棟に入院した時、児童病棟にいた、黒い髪が綺麗な女の子に一目惚れしてしまって。
いけない、と。その時は気持ちを抑えつけて、何ヶ月も一緒に過ごしました。

高校3年生になり、OUT IN JAPANを知り、そしてLGBTを知り…

わたし、一人だけじゃないんだ、と。

こんなにたくさんの人が、周りにいるんだ…と。

撮影中に、初めてレズビアンカップルやゲイカップルの方を見て。

感動して、涙目になってしまったのをよく覚えています。
貴方は一人じゃありません。
こんなに広い世界の中で、こんなにたくさんの人が受け入れてくれています。
自分は、自分。誰にも囚われる事はありません。
私だって、応援している一人です。たくさんの人に応援されながら、たくさんの人を応援しています。

自分を信じて。 “