OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Shio Yamasaki

山崎 志緒

24歳
理学療法士
神奈川県
FTM

#004 2015年11月撮影

カミングアウトは、自分がいかに周りの方に恵まれているのかを改めて気付かせてくれます。

幼稚園頃から自分の性別に違和感があり、年齢が上がるにつれて自分のことが嫌いになりました。着たくない制服、入りたくないグループ、行くたび変な目で見られるトイレ…時にはイジメを受け、自分は生きていてはいけないと思ったこともありました。

大学生の時に初めてカミングアウトしたのは母親です。「親に見捨てられる」「嫌われる」不安ばかり、人生一番の緊張の瞬間。しかし、母親からは「男でも女でも、一人の自分の子供であることに変わりはない。これからも自分の人生を自分が思うように生きてくれればそれでいい」そう言われました。その言葉をきっかけに、じぶんはこのままでいいのだと思えることができました。その後、友人にカミングアウトをするたび、「志緒は志緒でしょ?これまでと何も変わらないよ」とたくさんの温かい言葉で受け容れてもらうことができています。自分が心配しているだけで、周りの方の方が自然に受け止めていただけると感じることが多いです。何度経験しても慣れることはありませんが、そのたび周りの方の優しさをいただき、素敵な方と出逢えたじぶんは幸せ者だと感じます。

世界は広いです。いろいろな人がいろいろな人生を自分のペースで生きています。自分らしさを大切にして生きていれば、必ずどこかに応援してくれる方がいるはずです。このメッセージもどこかでだれかの力になれていれば幸いです。

1人でも多くの方が、自分らしく楽しい人生を旅できますように。

Have a nice trip.