OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

shota kajiyama

梶山 祥太

25歳
会社員
佐賀県
バイセクシュアル

#005 2015年11月撮影

初めて好きになった人は女性で、でも歳を重ねるに従い男性の中にも惹かれる人がいることに気づいてから自分の中の好きという気持ちが分からなくなっていった。

よく男女の恋愛で相手のどこが好きなの?という疑問を投げかけることがあるけど、何となく好きだ、とか一緒にいてホッとするからとか、好きな気持ちの源泉は自分にとって分からないところから感じられる経験が誰にもあると思います。

好きになろうとがんばって好きになるのではなく、好きになってしまったから好きなのであって、その源泉は自分にはコントロールできないものだと思うと悩む必要なんてないんだと思えた。

一度たけ親しい友人にカミングアウトしたことがあって、その時友人から「男性も女性も愛せるなんて素敵だね、誰に対しても優しくできるお前らしいよ」と言われて涙が出るほど嬉しかった。

カミングアウトすることは正直怖い。リスキーで自分の今まで作ってきた居場所を失うかもしれない。今後もカミングアウトをしていくかと言われるとYesとは言えない。

でも自分が自分らしくいれる場所を作るためにも、本当の自分を守るためにもちょっとずつでも「一歩」を進めていきたい。

今も悩んで、踏み出す一歩を怖がっているあなたへ。少しの勇気ときっかけで世界は広げていけるんだと信じて、祈っています。