OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

YOKO UEKI

植木 陽子

30歳
事務職員
徳島県出身
レズビアン

#016 2018年10月撮影

ありのまま、素直に好きなものを好きと言えますように。そして、自分自身のことを大切にできますように。

カミングアウトは数ある表現の中の一つ。今かな、と自然と思えるときがその時かと思います。してもしなくても、自分であることに変わりはない。

周囲の環境なども影響しますが、マイノリティーにとって地方に住むということは特に孤独に陥りやすい面があると感じます。いくら情報は得られても、直に触れあえる人と場の数は圧倒的に限られている。

大人になればある程度住む場所の選択肢の余地はあるけれど、子どもや学生の時は悩んで、追いつめられやすい状況になりやすいと思います。

今回香川でOUT IN JAPANが四国で初めて開催されたように、今後地方でも少しずつ環境は変わっていくだろうし、変えていくために行動に移さないとと思っています。まだ私に何ができるかはわからないけど、まずは自分と周りの人を大切にするところから始めていきたい。

大丈夫。世界は思ってるよりも何倍も広いし、人生は一度きり。とことん泣いて笑って、ともに同じ時代を楽しみましょう。