OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

Yoshihito Grignon

芳仁 グリニョン (左)

42歳
会社員
大阪府出身
ゲイ

#002 2015年8月撮影

2015年は私にとって、フランスでの同性婚と日本の家族にカミングアウトした記念すべき年となりました。

私の結婚を待ち望んでいる両親を「悲しませる事になる」と、本当の事を言えないまま無常に過ぎる年月。

そしてついに、古風で厳格な父とは最悪の場合、絶縁関係になる覚悟でカミングアウトしましたが、

結果はこちらが拍子抜けする程、問題なく理解してもらう事が出来ました。

私は幸運だっただけかも知れない。全ての家族・職場環境に夫々の事情があるので

「みんなもカミングアウトしようよ!」みたいな能天気な事を言うつもりはありません。

ただ、「拒絶される確率」より「受け入れてもらえる確率」方が格段に高いと思います。

去年の今頃はまだ誰にもカミングアウトしていなかった私が、今こうして顔や名前まで公に晒しています()

もし躊躇しているなら、あなたも少し勇気を出してみませんか?

Christophe Grignon

クリストフ グリニョン (右)

48歳
外交官
フランス出身
ゲイ

#002 2015年8月撮影

2015 is a very special year for me, because I got married last spring with my partner, after being together for 14 years. French law has made same sex marriage possible since 2014 and I am glad we could do it in my home town, surrounded by family and friends.

Participating in the “Out in Japan” campaign was for us therefore very timely and a nice way to celebrate our union, in a way that hopefully, willl be useful to others. Coming out is not easy anywhere, but society is gradually changing and becoming more accepting, at least in developed countries. Japan is no exception.

We hope that our example can inspire those who are still in the closet to find the way to a better life, as well as society at large to become more inclusive and open to the various components that make it rich and living.