OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

YUKA OHKI

大木 由佳

20歳
大学生
山梨県出身
バイセクシュアル

#017 2019年4月撮影

異性に恋愛感情を抱くことが当たり前だと思って生きてきました。しかし、物心ついた頃から、男女同じように好きになる私は混乱していました。

私って普通じゃないんだ。

恥ずかしいことなんだ。

この感情は憧れであって、恋愛感情とは違うのかな?

じゃあ人を好きになるってどうゆうことだよ!

高校を卒業するまでこんな葛藤をして、上京してきました。そこでようやく私は、自分のセクシャリティに対するモヤモヤが、次第に晴れていきました。

理解のある人や、当事者の方々との出会い。他にもイベントに参加したり、新しい知識を得て、そこでようやく、私は自分自身のセクシャリティについて、認めることができました。

今でも、自分のセクシャリティとは?自分のなりたい姿って何だろう?と、考えています。前の自分のように、後ろめたい気持ちではなく、前向きに自分と向き合っています。

まだ私だって「私、バイセクシャルなんだ!」と大きな声では言えないけど、少しずつ本当の私という存在を知ってほしいと思えるようになったのです。そうさせてくれた、周りの人々、環境に感謝しています。いきなり公に、カミングアウトしなくていいと私は思っています。もし思い悩んだ時は、知ることから始めたら良いと思います。きっと、新しい発見があるはずです。自分の考え方や見方も変わってきます。

そして気持ちの整理がついた時に、言えるところで、言える人から、カミングアウトすればいいのです。よく思わない人もいるかもしれません。でも必ず、理解し、認めてくれる人がいるはずです。

今からカミングアウトする全ての人に、

幸せな人生が訪れますように。

胸を張って誇らしく、自分らしく、生きることができる社会になりますように。

心から、願っています。