OUT IN JAPAN

あなたの輝く姿が、つぎの誰かの勇気となる。
main-image

YUSUKE OKABE

岡部 悠介

32歳
福祉職(児童発達管理責任者)
東京都出身
FTM

#017 2019年4月撮影

想像絶する気力と体力を使ったカミングアウト。
勇気の先にあった心の解放と決心そして門出。

家族へのカミングアウトが人生で1番勇気を振り絞った時です。自分の判断を理解してもらえる、応援してもらえると期待していましたが、優しい言葉は一切、返ってきませんでした。
自分がショックを受けた倍家族にも衝撃を与えたんだと今では振り返ります。一時は家族から離れ逃げた時もありましたが、救ってくれたのも家族でした。
「笑って生きていてくれればいい」
「あなたの悩みを理解する事はできない。しかし受け止める事はできる。家族だから。」
カミングアウトをしてから「今を生きている」事を実感しました。

今では、必要であればカミングアウトをします。必要なければ特に話しません。その時に任せています。
年々カミングアウトした時の相手の反応が変わってきました。今となっては驚かれます。そしてカミングアウトした相手から発される言葉も色々です。昔は言葉一つ一つに感情が揺さぶられていましたが、今は色々な価値観があるな〜と受け流せるようになりました。そして、次第に自分の中で「男か女か ではなく1人の人間」という気持ちが確立し、今てば「自分の好きな自分になる」をモットーに邁進しています。

自分の選んだ道に後悔しない。その後悔は周りの人をも傷つける。
自分の選んだ道を応援してくれる人がいる。助けてくれた人がいる。生涯恩返し♪です。
カミングアウトは心の解放と決心そして門出です。自分を信じ前に進む事が未来を切り拓きます。